先読みシミュレーション先読みシミュレーション

近年、電子計算機と計算アルゴリズムは目覚ましく発展してきている。計算機の速度は4年に10倍のペースで速くなってきており、囲碁や将棋の勝負で人間が計算機にかなわなくなってきている。

現在では、銀河の衝突や天気予報、地震波、津波の伝播等の自然現象から、飛行機、列車の空気抵抗、自動車の衝突実験、新しい物質の設計、経済の動向までさまざまな現象が計算機シミュレーションによって予測されている。

最近ではCG映像やバーチャルリアリティー映像などを用いて、人の知能/感性を補完したり、現状データの分析から将来の変化を把握し、未来予測へと展開させる研究も可能となりつつあり、より暮らしやすい社会実現のための未来予想図を描くことを目指す。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ