インテリジェントアグリ工学インテリジェントアグリ工学

本研究分野では、QOL向上に資する次世代の食のエンジニアリングを目指す。食品は、農産物や微生物醗酵産物を原料とした多成分からなる多機能コモディティである。成分と機能の関係は複雑であり、ほとんど解明されていない。超高齢化社会を迎えた日本は、健康寿命を延ばすために「食の革命」が必要となっている。

インテリジェントアグリ工学とは、食品を徹底的に解析し得られたビッグデータを用いて食品の機能向上、食のロジスティックスにおけるイノベーションを目指すものである。加えて、有用物質の探索および生産制御技術の開発、微生物を利用した生産技術の開発、環境浄化システムの開発等を研究対象とする。応用範囲は、食品、飼料、農薬、医薬品、化粧品など幅広い分野に及ぶ。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ