「TranSupport」工学「TranSupport」工学

人/物の移動の基盤となっている近年の交通インフラにおいては、情報ネットワークと相互に影響しながら新たなモビリティシステムが形成されてきており、今後、多様な交通手段がインターモーダルに統合され、人や都市の「血流」となることが望まれている。

ここ数年、自動車の自動運転技術の開発が急速に進められているが、従来の「移動手段」の利便性に加えて、安全性・快適性・社会包摂性に関する価値を如何に付加するかが重要となってきている。

本研究分野では、最先端技術を活かしつつ、問題解決型のデザイン思考の下に多様な分野と連携し、事故や渋滞、環境問題などを解決し、安全、快適かつ人々の日常生活や社会活動を支援しうるMobility 5.0を実現することを目標としている。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ