フォトニクス・センシング工学フォトニクス・センシング工学

フォトンと物質の相互作用を対象とするフォトニクスでは、用いる波長領域、エネルギー領域により種々の観測や操作が可能であり、安心安全で快適な暮らしの実現には、フォトニクス技術は不可欠である。

特に、IoTと接続する種々の物理センサー、照明や情報処理、大容量通信、情報伝送技術や大容量長期データ保存技術、さらには生体分析、バイオセンサーなどでフォトニクス技術が重要となっている。

本アリーナでは、各種物理量に対するセンシングやデバイス技術に加え、各種光による物質・生体分子などの構造解析・分光・イメージングなどの研究領域を扱う。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ