生体・バイオ工学生体・バイオ工学

DNAの2重螺旋の発見に緒を発した生命科学は、その後めざましい進展により現在の科学技術研究の中心分野と言っても過言ではなく、ゲノム研究や、その産物である生体分子などに関する研究は、科学立国の重要な柱としても位置づけられている。

本アリーナでは、ヒトをはじめとした微生物や植物などの遺伝子の解析、それらの創るタンパク質などの構造と機能の解析により、ゲノム科学、生化学、蛋白質科学を追究し、生命の包括的・統合的理解を目指す。

さらに、新たな解析手法の開発や装置開発なども行い、バイオ工学、医薬品科学、食品や環境などへの応用工学も見据えた研究の展開を目指すことにより、生命科学と応用工学のフロンティアを切り拓く。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ