デジタル造形工学デジタル造形工学

日本の製造業を牽引してきたモノづくり力は、世界経済に大きな影響を与え続けている。しかしながら、少品種・大量生産はコモディティ化し、多品種・少量生産、さらにはマスカスタマイゼーションへとモノづくりシステムの高付加価値化が進み、世界のモノづくりの地図は変遷期を迎えている。

本アリーナでは、ドイツ「Industrie 4.0」、日本「Society5.0」などの第4次産業革命に向け、IoT、人工知能(AI)、ビッグデータ解析、サイバー・フィジカル空間融合などを活用し、3Dプリンタ(Additive Manufacturing)を代表とする新プロセスをはじめ、計算機設計シミュレーション、3D/4D設計、マテリアル開発、マテリアル製造プロセス、加工・接合、品質管理システムまでを包含する、「デジタル造形工学」ともいえる、モノづくりの最先端研究を科学するための挑戦を進める。

安田 清和 講師 マテリアル生産科学専攻
  キーワード:異種材料接合

高原 渉 助教 マテリアル生産科学専攻
  キーワード:分子シミュレーション

松本 良 准教授 マテリアル生産科学専攻
  キーワード:材料加工,加工シミュレーション

田中 敏宏 教授 マテリアル生産科学専攻
  キーワード:検討中

高谷 裕浩 教授 機械工学専攻
  キーワード:機能表面微細構造創成

志村 考功 准教授 生命先端工学専攻
  キーワード:検討中

中谷 彰宏 教授 知能・機能創成工学専攻
  キーワード:変形体の力学

三科 健 准教授 電気電子情報工学専攻
  キーワード:ディープラーニング

麻生 隆彬 准教授 応用化学専攻
  キーワード:立体造形

梶井 博武 准教授 電気電子情報工学専攻
  キーワード:プリンテッドデバイス作製技術

尾崎 雅則 教授 電気電子情報工学専攻
  キーワード:分子配向性構造体、二光子励起光造形

吉矢 真人 准教授 知能・機能創成工学専攻
  キーワード:計算材料工学

このページの先頭へ