デジタル造形工学デジタル造形工学

日本の製造業を牽引してきたモノづくり力は、世界経済に大きな影響を与え続けている。しかしながら、少品種・大量生産はコモディティ化し、多品種・少量生産、さらにはマスカスタマイゼーションへとモノづくりシステムの高付加価値化が進み、世界のモノづくりの地図は変遷期を迎えている。

本アリーナでは、ドイツ「Industrie 4.0」、日本「Society5.0」などの第4次産業革命に向け、IoT、人工知能(AI)、ビッグデータ解析、サイバー・フィジカル空間融合などを活用し、3Dプリンタ(Additive Manufacturing)を代表とする新プロセスをはじめ、計算機設計シミュレーション、3D/4D設計、マテリアル開発、マテリアル製造プロセス、加工・接合、品質管理システムまでを包含する、「デジタル造形工学」ともいえる、モノづくりの最先端研究を科学するための挑戦を進める。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ