元素戦略・分子戦略工学元素戦略・分子戦略工学

天然資源に恵まれない我が国が将来にわたり経済発展を持続させるためには、付加価値生産力の強化が必須である。これを物質の観点から捉えると、新材料の開発や新機能の創出、ならびに画期的な設計・合成・変換・製造・生産法の開発が必要となる。

希少資源を汎用的な材料で置き換える「元素戦略」プロジェクトにおける有機・無機材料の開発のほか、iPS細胞合成や生体分子材料など、豊かな生活を直接支える製品開発から多様な産業を材料供給の面から支える基盤技術まで対象は広い。

本分野では、原子、分子、およびその集合体まで、様々な「物」を対象とする物性、合成、応用に関連した多様な未来型要素技術の開発を柱に、実験やシミュレーションによりニーズとシーズの両面から取り組む。

各研究分野の研究者リストは順次更新予定。

このページの先頭へ